秋の鳥取砂丘を歩くのに適した靴と服装は?観光の所要時間と砂丘会館で食べたランチの話




フタコブラクダに乗る。月の砂漠のようだ

鳥取と言えば鳥取砂丘。月の砂漠のような砂地を歩いてみたいですよね。秋の鳥取砂丘は風がひんやりと冷たく、激しく吹いていました。
鳥取砂丘を歩くために最適な靴や服装はどんなものが良いか、観光に必要な所要時間などをまとめました。砂丘会館で食べたランチも美味しかったですよ。日本海沿いの海の幸は絶品でした。
今回は、そんな鳥取砂丘に行ったリアル体験のお話を書いています。鳥取砂丘に行く前に是非チェックしてみてください。



スポンサードリンク

ぴょんぴょんバスツアーで鳥取砂丘に来たぴよこ一家です。
日本海にある鳥取砂丘は、カラカラのサハラ砂漠よりしっとりと趣がある気がしました。(サハラ砂漠には行ったことないけれど。。)


スポンサーリンク

関連記事:鳥取観光にお得なぴょんぴょんバスを利用し話を書いています

バスは砂丘センター見晴らしの丘に到着です。
見晴らしの丘の駐車場は無料です。乗用車300台、バス100台が止められます。
見晴らしの丘から砂丘までは有料のリフトで移動します。リフトは往復300円です。家族みんなのリフト代がけっこう高くなるのであれば、砂丘の目の前にある、市営の鳥取砂丘駐車場にも停めるのが良いでしょう。
市営の駐車場は有料500円になります。
市営の駐車場の向かいには、お土産物さんの駐車場があり、そちらは無料で駐車できます。
(繁忙期はこちらも有料になるそうです)
お土産を買えば無料にする、とかでは無かったですが、お店によってお土産を買うのも良いですね。

砂丘センター見晴らしの丘

砂丘センター見晴らしの丘入り口 お土産もいっぱい売ってます。食堂もありました。


リフトに乗って鳥取砂丘へ

見晴らしの丘から鳥取砂丘までは、リフトで移動します。リフトに乗るのにドキドキするのは私だけかな?
鳥取砂丘のリフトは高低差も少なく、安心して乗れました。

リフトは往復300円。(ぴょんぴょんバス料金に含まれていました)
リフト券は砂丘センター見晴らしの丘で買えます。

リフトに乗らなくても歩いて砂丘まで行けます。砂の美術館の裏から歩いていきます(約5分)

リフトは二人乗りで、ゆっくり進みます。

砂丘まで続く二人乗りリフト

砂丘まで続く二人乗りリフト 砂丘の向こうに日本海が見えます。

10月末に行ったぴよこ家族の服装は?

鳥取砂丘での服装と靴

ぴよこ家族の服装。雨上がりで温度が低く、風が強かったです。歩いていると熱くなるので、脱着できるショールやマフラーが役に立ちました

特に砂丘を歩くという意識もせず、みんなそれぞれ好きな服装で行きました。
ぴよこと娘はスカート。お義母さんと次女はキュロットパンツです。
風がけっこう強かったのですが、スカートでも大丈夫でした。

周りの人は、男女ともジーパンや綿パンが多かったです。
カバンはリュックの人が多いようでした。両手が空くので、砂を歩くのには楽だと思います。
スーツ姿の方もいらっしゃいました。その方たちは砂丘の入り口で引き返してました。

旦那さんは新しい靴を買ったのですが、途中で靴擦れして痛そうでした。
けっこうな距離を歩くので、履きなれた靴で行きましょう。

11月はもっと寒くなります。11月の鳥取の気温は12~16度。
12月は冬装備でお出かけください。
しっかりした厚手のコートやダウンジャケットに、ストールなどのはおり物を持っていくと良いですね。
靴は、冬用のブーツがおすすめ!下着も温かくして、厚手のヒートテックがおすすめです。足元が冷たくなるので、厚手の靴下や足用の貼るカイロもあれば良いですね。

数年前に冬の鳥取砂丘も行ったのですが、大雪の日で猛烈に寒かったです。
冬は厚手のダウンコートにマフラー、手袋は必須です。

関連記事:冬の鳥取砂丘も観光に最適な靴と服装をご紹介。真っ白な雪景色に驚く!

砂丘を歩くときの靴は?

娘2人は、ぺたんこパンプスにスニーカー
ぴよことお義母さんは、ショートブーツ。
旦那さんは、皮スニーカー。

ブーツを履いていても、砂は入ってきました
(たぶん、ブーツの紐の穴の部分から砂が侵入したと思われます。)
もちろんパンプスの娘は、ざっくざく砂が入っていました。
なにより、パンプスは砂に埋まって脱げやすく歩きにくかったようです
でも、サラサラの砂なので、後で靴を脱いで砂を出して、足をさっと拭けば大丈夫な感じでした。
長靴の貸し出しもありますが、長靴だと砂に足を取られて、むしろ重く歩きにくそうでした。

旅行用などに、歩き易い靴やブーツを一足買うのもおすすめします。
布地よりも、合成皮の靴。靴底が少し厚めの方が足の冷えが防げます。

ファーブーツ ショートブーツ インヒール 疲れない 歩きやすい レディース サイドジップ 内ボア あったか 保温 クッション性 撥水 防滑 雨 雪 靴 美脚 カジュアル デイリー トレンド トラベル サヴァサヴァ cava cava 1320091 ブラッ

↑ブーツは上のようなイメージ。わたしもこのタイプのブーツを持っていて、
晩秋から冬の旅行や外のイベントなどにはとても重宝しています。

砂丘入り口から馬の背を眺めて。奥の方に写っているのがオアシスと呼ばれる大きい水たまり

砂丘入り口から馬の背を眺めて。奥の方に写っているのがオアシスと呼ばれる大きい水たまり

秋の鳥取砂丘は思ったより寒かった

ショールなどの厚手のはおり物を1枚持っていくと良い

雨あがりで曇りの鳥取砂丘だったのですが、けっこう寒かったです。
大阪より2~3度低いように感じました。
娘たちはトレンチコート、わたしはコーディガンを着ていたのですが、それにショールを巻いてちょうどいい感じです。
歩いていると暑くなるので、ショールを外したり、娘は髪が砂にまみれないように頭にショールを巻いていました。
冬は厚手の大判ショールが良いですね。コートの上に一枚羽織るだけで温かさが違います。
ユニクロで売っている軽量のダウンなども便利です
コートの中に軽量ダウンを一枚着ると、風も通さず温かです。

飲み物も用意してください

ぴよこの行った日は曇りだったので、あまり喉は乾かなかったのですが、小さめのペットボトルの水などの用意をしていく方が良いです。
暑い日などは、のどが渇きます砂丘にはコンビニはありませんのでご注意ください。



  • スポンサードリンク

雨あがりの砂丘の砂は?

鳥取砂丘の砂は水はけが良いです。雨あがりの後でも水たまりは無く、サラサラの砂地でした。
足跡で少し深い穴になったところは湿っていました。
少し湿っている砂の方が、砂か固まっていて歩きやすかったです。

砂丘の歩き方

誰かが歩いた足跡をたどって歩くと、砂が固まっているので歩き安いです。サラサラの砂地を歩くと、靴が埋まって足が重くなります。

馬の背を登って帰ってくるまでの所要時間

砂丘の入り口から、馬の背まで遠く感じますが、歩くと意外に近いです。
ただ、歩きにくいのと、結構な坂なので草原を歩くよりも時間はかかります。概算ですが1時間あれば、往復して帰ってこれると思います。

普段、運動をしないお義母さん(72歳)も、馬の背を登りました。
よく登れたもんだとかんしんします。
どうやら馬の背を登った先の景色をどうしても見たかったようです。

そのお義母さんに合わせて、砂丘センターからリフトに乗って、ラクダに乗って、馬の背を登って、日本海を見て、リフト乗り場に帰って来るまで約1時間強でした。
ラクダライドは20分ぐらいだったので、約40~50分で砂丘を往復した計算になります。

鳥取砂丘で初体験!ラクダに乗った話はこちらから

砂丘をゆっくり歩いて、ランチを食べて、お土産を見たりするなら、2時間ぐらいは観光時間があった方が良いですね。

馬の背を下りる途中から砂丘の入り口を眺める

馬の背の途中から砂丘の入り口を眺める

砂丘のてっぺんから見た日本海は美しかった

馬の背から、日本海側まで降りていくこともできます。
けっこう急な下りになります。
ぴよこたちは、馬の背から引き返しました。(旦那さんがお腹がすいたと機嫌が悪くなってきたのでね)

砂丘のてっぺんから見た日本海

砂丘のてっぺんから見た日本海

馬の背を下りるときは、楽ちん!
ショールをひらひらしながら、砂漠の姫気分ですが、途中からまた登りで疲労感いっぱいです。

砂丘会館でランチ さすが日本海!海の幸がうまい!

さて、砂丘会館に戻ってきてランチです。
が、集合時間まで残り約30分。

砂丘のそばにある砂丘会館 お土産も売っています

大急ぎでランチを注文して、なんと全員5分で食べ終わる!
早食い選手権って、こんな感じじゃね?って鼻水すすりながら食べました。

さすが海沿いの観光名所。
海の幸が超絶美味しい!!
甘海老ぷりぷり!鯛の刺身はこりこり!
なにより、雲丹が絶品でした!!

みんなが食べたランチの写真はこちら。

料理長おすすめ海鮮丼1800円

料理長おすすめ海鮮丼1800円 豪華でした!

焼肉定食 1200円

焼肉定食 1200円 お肉が柔らかく野菜もいっぱいで美味しかったです

この日ははわい温泉 千年亭に泊まって、夜は海鮮料理コースです。
昼は海鮮は我慢して、肉にしようという作戦でした。

関連記事:鳥取はわい温泉 千年亭に泊まって甘海老食べ放題の話はこちら

お刺身丼

ウニ入りお刺身丼 1400円 ウニが新鮮でおいしかったです

関連記事:鳥取砂丘近くの観光名所 縁結びの神様の白兎神社

新鮮な魚を使用した定食 刺身定食

新鮮な魚を使用した定食 刺身定食 1500円

まとめ

  • 秋の鳥取砂丘は、けっこう寒い。トレンチなどのコートの上にショールなどのはおり物があると良い。
  • どんな靴でもそれなりに歩けますが、足首まである脱げにくい靴がおすすめ。
  • ペットボトルの飲み物もある方が良い。
  • 砂丘の入り口から、馬の背を登って、入り口まで戻って往復約40~50分ぐらい
  • ランチも食べて、ゆっくりするなら2時間ぐらい所要時間を予定しておいて良いでしょう。
砂丘でラクダに乗った話はこちらから

砂丘でラクダに乗った話はこちらから

関連記事:月の砂漠体験、鳥取砂丘でラクダに乗りました

鳥取砂丘は入場無料です。
入場時間の制限もありません。

鳥取砂丘へのアクセス

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661

Tel:0857-22-0581




スポンサードリンク


鳥取 因幡の白兎の伝説の地 縁結びの白兎神社と白い石の謎
因幡の白兎の昔ばなしをご存知ですか? 隠岐の島の白兎がワニを海に並べて、その背中を渡って因幡の国に行こうとして、皮をはがれてしまうお話...
鳥取はわい温泉千年亭に泊まる 料理や露天風呂とアメニティのまとめ
ぴよこです。 ぴょんぴょんバスツアーで、はわい温泉「千年亭」に行ってきたお話です。 リアルな千年亭をお届けいたします。旅館のご予...
鳥取砂丘でらくだに乗る!ラクダライド体験の料金や乗り心地と予約や所要時間は?
なぜ、鳥取砂丘にらくだがいるのか? 答えはラクダ屋さんの初代店主が「月の砂漠」をイメージして、砂丘に駱駝を連れてきたそうな。そんな...
京都保津川下りの料金や時間と駐車場はある? 船の予約や席順と所要時間のまとめ
京都の亀岡から嵐山まで16キロを船で行く旅、約2時間の保津川下り。 春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪。四季折々の色と自然を楽しめる...

スポンサーリンク