鳥取はわい温泉旅行はぴょんぴょんバスがおすすめ!値段とコースや所要時間まとめ

ぴよこです。家族5人で、鳥取のはわい温泉一泊旅行に行ってきました。
これから数回に分けて、旅行記を書いてみたいと思います。
今回は、大阪から鳥取の温泉へ便利なぴょんぴょんバスについて、バスルート、所要時間、乗り心地などをまとめてみました。

それでは、鳥取へ行ってみよう~!
スポンサードリンク


きなんせ鳥取予約センターHPより

ぴょんぴょんバスとは?

かわいい名前のぴょんぴょんバスは、大阪から、はわい温泉の千年亭、皆生温泉の松濤園、三朝温泉の清流莊を結ぶ直行バスのことです。
この3件の温泉旅館の宿泊予約に限り、ぴょんぴょんバスを利用できます。温泉旅館予約とは別に予約が必要です。

きなんせ鳥取予約センター

電話 0858-35-3820

このぴょんぴょんバスは、鳥取の観光名所に寄りながら温泉地へ向かいます。
これがすごい!そのコースの立ち寄り観光名所と時間、見どころを書きました。

ぴょんぴょんバスの車内の様子。大型バスで乗り心地も良いです。

ぴょんぴょんバスは、全席禁煙、アルコールも禁止でした。匂いのきつい食べ物も控えてくださいとのこと。
みなさんは、途中の立ち寄りのPAや道の駅などで買った美味しい物を食べてました。ぴよこたちも、コロッケや串刺し天ぷら、アイスクリームなどを食べました。

鳥取の観光名所ツアー付き!

ぴょんぴょんバスは、大阪から鳥取まで直行便ですが、途中、鳥取の観光名所ツアーも付いています。
どこに寄るかは、季節によって変わります。

今回、ぴよこ家族は10月に乗ったのですが、往路は鳥取砂丘縁結びで有名な白兎神社。復路は足立美術館蒜山高原センターに寄りました。

ぴょんぴょんバスの値段は?

大阪から、各温泉旅館まで往復4900円です。
これに、鳥取砂丘の往復リフト券、足立美術館の入館料も含まれてるので、とってもお得です!
(温泉旅館は別料金で各自で予約してくださいね。ぴよこは温泉旅館も格安で予約します。この予約方法も今度書きますね)

とまるんばで格安旅行!予約方法は?

出発は大阪梅田から

きなんせ鳥取予約センターHPより

大阪~鳥取はわい温泉までの行程と所要時間

梅田を出発して、はわい温泉までの行程と時間を写真とともにお送りします。

往路

09:15 梅田に集合
09:30 大阪出発!

10:50 加西サービスエリアでトイレ休憩(約10分)

加西サービスエリアで買った五平餅。美味しかった

加西サービスエリアで五平餅を買って食べる。美味しかった!

12:40 鳥取砂丘到着 自由観光とお昼ごはん(約90分)

鳥取砂丘を歩く 服装や靴や所要時間まとめ

鳥取砂丘でらくだに乗りました。

鳥取砂丘でフタコブラクダに乗りました。月の砂漠体験のようで楽しかったです

鳥取砂丘でラクダに乗った!話はこちらから

14:10 鳥取砂丘を出発

14:30 白兎神社お参り 自由観光(約40分)

白兎神社でお参りする

白兎神社でお参りする。卯の縁結び神社で良いご縁がありますように。

縁結びの神様白兎神社でお参りする。白兎と謎の白い石のお話

15:10 白兎神社出発

15:40 はわい温泉 千年亭到着
(松濤園まで行く人はここでトイレ休憩)

はわい温泉千年亭の玄関口

はわい温泉千年亭の玄関口。趣のある建物と温泉がすごく良かったです

はわい温泉千年亭リアルまとめ 料理やお部屋、アメニティは?

(16:40 皆生温泉 松濤園到着)

復路

09:00 はわい温泉千年亭出発

10:00 皆生温泉松濤園出発(トイレ休憩有り)

10:50 足立美術自由見学(料金はバス代に含む)約90分

12:20 足立美術館出発

13:15 蒜山高原センター到着 お土産とお昼ごはん(約60分)

特性ジンギスカンセット。ぜんぜんラム肉臭く無く美味しかったです。

 

14:20 蒜山高原センター出発

15:50 加西サービスエリア トイレ休憩(約15分)

加西サービスエリアの塩豆大福も美味しかった。冷凍の塩豆大福もあってお土産にもできます

17:30 JR大阪駅高架下に到着

バスの乗り心地や、持ち込むと良いもの

バスのシートはリクライニング可能で、禁煙なので臭いも無く快適でした。
バス内は禁酒、においのきつい食べ物もご遠慮してくださいとのことでした。
バス内では皆さんほとんど眠っていました。
空調は運転手さんが調整してくれますが、眠ると肌寒く感じるので、はおりものか薄めのタオルケットなどがあると良いです。
お茶やおつまみなどを食べ飲みしながらも楽しいですよ。
折りたたみ傘は手元の鞄に入れておく方が良いです。
(大きいバッグやゴロゴロのカートはバス下のトランクに預けるので、急な雨の時は手元に傘がある方が便利)

ぴょんぴょんバスまとめ

  • 往復の値段は4900円
    鳥取砂丘のリフト代と足立美術館の入館料込み)
  • 大阪の梅田出発です。帰りも大阪です。
  • バスはガイドさんはいません。運転手さんが一人です。
  • 90分ごとぐらいのトイレ休憩があります。途中に急にトイレに行きたくなったら、運転手さんに言えば近くのSAなどに止まってくれます。
  • 鳥取の観光名所ツアー付きでとてもお得です。
    季節によって立ち寄り処は変わりますのでHPで確認してください。過去には出雲大社や梨狩りもありました。
  • 予約はきなんせ鳥取予約センターで。
  • 鳥取の温泉旅館、千年亭、松濤園、清流莊に宿泊予約した人のみの特典になります

温泉旅館プラス4900円で、砂丘も美術館も楽しめてお得な旅でしたよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴよこでした。

ー広告ー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。