鳥取 因幡の白兎の伝説の地 縁結びの白兎神社と白い石の謎

因幡の白兎の昔ばなしをご存知ですか?
隠岐の島の白兎がワニを海に並べて、その背中を渡って因幡の国に行こうとして、皮をはがれてしまうお話です。その昔ばなしの発祥の地、鳥取の観光名所の白兎神社に行ってきました。
縁結びの神様をお祀りする白兎神社。境内は白いウサギと白い石がいっぱいでした。

 ースポンサーリンクー



白兎神社のいわれ

白兎神社は鳥取にあります。
白兎神社は、皮をはがされた白うさぎが傷を治したと言われる、御手洗の池(みたらしのいけ)があり、皮膚病や火傷に効く神社として祭られてきました。

縁結びの神様

2010年に、大国主の命と八上姫の縁を白兎が結んだ、日本初のラブストーリーの発祥の地として「恋人の聖地」に認定されました。

そこから縁結びの神様として、恋に迷う乙女たちがたくさんお参りする神社になっています。

白兎神社へお参りする

道の駅「神話の里 しろうさぎ」に白兎神社は隣接しています。
車で行くときは、道の駅の駐車場に停めます。

白兎神社の鳥居をくぐって階段を上がる

白兎神社の鳥居をくぐって階段を上がる

鳥居をくぐると、階段が見えるのでそこを上って少し歩くと神社が見えます。所要時間は30~40分もあれば十分でしょう。

境内のいたるところにウサギの置物があります。
因幡の白兎の化身でしょうか。

因幡の白兎の神話を現した砂像

鳥取らしく、砂を使った大国主の命と八上姫の神話を具象した像があります。

不減不増の池 御手洗の池

因幡の白兎が皮をはがれた後、この池で体を洗ったといういわれのある池。不減不増の池、季節を問わず、池の水が減りもせず増えもしないと言われています。

縁結びの神様に良縁を願う

白兎神社の本尊にて、良縁を願う

立派なしめ縄

境内の白い石の謎と縁結び

「縁」と書かれた白い石

境内のいたるところに転がっている白い石。
よく見ると、石に「縁」という赤い文字が書かれています。

白い石に赤い縁の文字

これは、奥の社務所で売られている「結びの石」です。
この石を、鳥居の上に投げて鳥居に乗せたり、ウサギの周りに置いたり、持ち帰ってパワーストーンにして、良縁を願います。
好きな人との縁を願う人も多いそうですよ。

ウサギに縁を乗せて、好きな人に思いが届きますように



うさぎのおみくじ

社務所では、ウサギの形のおみくじをひくことができます。
うさぎ以外にも、日本人形のおみくじもあります。

日本人形のおみくじをひく

ハートの絵馬もありました

ピンクのポストは「ご縁」を運ぶ

ご縁を運ぶピンクのウサポスト

鳥取市に3個あるピンクのポスト。
市役所(鳥取市尚徳町)JR鳥取駅前(鳥取司東品治町)白兎神社に設置されています。
それをつなぐピンクのラッピングタクシーも走っているようです。

道の駅 「神話の里 しろうさぎ」

白兎神社の鳥居の向こうに見える白兎海岸

道の駅の2階の展望レストランから、日本海、白兎海岸が一望できます。

道の駅の駅長「命」くん

白兎神社まとめ

住所 鳥取県鳥取市白兎宮腰603

お問い合わせ 鳥取市観光コンベンション協会
TEL 0857-26-0756

アクセス JR鳥取駅から路線バス約40分

中国自動車道「佐用JCT」ー鳥取自動車道「鳥取IC」、鳥取ICから車で約20分、佐用JCTから車で約1時間30分。

鳥取の観光名所 鳥取砂丘を歩く

鳥取砂丘でラクダに乗ったお話

鳥取はわい温泉千年亭のリアル宿泊体験

冬の鳥取砂丘、いちめんの雪景色だった

ースポンサーリンクー


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。