スーパームーン2019年1月21日の日本での方角や時間!スーパーブラッドウルフムーンは見れる?

横浜ランドマークとスーパームーンを撮影しました。

こんにちは、ぴよこです!

2019年1月21日の今夜、日本では2019年最初のスーパームーンが観測できますよ♪

今回は2019年1月21日のスーパームーンについて

日本で観測できる方角や時間!

スーパーブラッドウルフムーンは日本で観測できる?

をお伝えします☆

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年1月21日のスーパームーンが見れる方角や時間

2919年の初めての満月は、なんだかいつもより大きく明るく感じませんか?

実は、2019年1月21日の満月は地球と月の距離が近くなっているため、大きく明るく見えるのです。

この地球と月が接近して明るく大きく見える現象をスーパームーンと呼びます。

日本では、2019年2月20日がスーパームーンとされていますが、NASAでは1月21日もスーパームーンとしています。

スーパームーンの厳密な定義はないので、ロマンティックな月の現象がたくさんあるのは素敵ですよね☆

2019年1月21日の満月も、スーパームーンと呼ぶことに賛同します!

では、2019年1月のスーパームーンは日本ではどの方角で何時に見えるのでしょうか?

2019年1月のスーパームーンが日本で見れる時間

日本では、2019年1月21日14時16分が満月になる瞬間となります。

したがって、2019年1月21日の夕方に昇ってくる月は、もうすでにスーパームーンになります。

1月21日のお月さまが大きいと思ったら、それはスーパームーンです♪

スポンサーリンク

2019年1月21日のスーパームーンの方角(方向)

2019年1月21日の満月(スーパームーン)は、東の空から昇り深夜には南西の空高くにあります。

方向や方角を気にしなくても、ふと見上げた空に大きい月が浮かんでいるので探しやすいですね。

曇っている場合や、高いビルがある場合は方向(方角)を参考になさってください。

建物との距離感や視覚マジックではありますが、昇り始めの月の方が大きく見えますよ!

日本で次にスーパームーンが見れるのは、2019年2月20日になります。

スーパーブラッドウルフムーンは日本で観測できる?

スーパーブラッドウルフムーンとはカッコいい名前ですが、平たく言うと1月の皆既月食のことです。

より地球と月の距離が近いスーパームーン(満月)時に皆既月食が起き、さらに皆既月食は赤黒く見えるために、スーパーブラッドウルフムーンと呼ぶようです。

  • スーパー 月と地球の距離が近くなって大きく見えるから。
  • ブラッド 皆既月食の赤い色が血のように見えるから。
  • ウルフ  英語圏では1月の満月をウルフムーンと呼びます。

上記の3つを合わせて「スーパーブラッドウルフムーン」ですって!

このスーパーブラッドウルフムーンは、日本で見えるのでしょうか?

2019年1月21日の皆既月食はアメリカ大陸やヨーロッパの一部だけで観測できます。残念ながら日本はこの皆既月食の地域には入っていません。

日本では、皆既月食は2018年1月31日にありましたよ☆

まとめ

2019年1月21日のスーパームーンについて~

日本で観測できる方角や時間!

日本でスーパームーンが観測できる時間は、

2019年1月21日 月が昇った時間からスーパームーンになります。

方角(方向)は、

東の空から昇って、夜中は南西の空高くに観測できます。

月の昇りはじめの方(低い位置)の方がより大きく見えるでしょう。

スーパーブラッドウルフムーンは日本で観測できる?

残念ながらスーパーブラッドウルフムーンが見れるのは、アメリカ大陸やヨーロッパの一部となり日本では観測できません。

ロマンティックなスーパームーン。夜空を見上げて観測してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。