ブルームーンってどんな月?【奇跡の満月】の伝説や言い伝え・迷信を調べてみた!

こんばんは!ぴよこです^^

1月31日はスーパーブルーブラッドムーンで大騒ぎでしたね!

今回は、ブルームーンのお話です。

ひんやりとした夜に、コンビニまでちょっとお散歩しながら月を見るのが大好きです。

夜な夜な形を変えて行く月って、なんだか神秘的で不思議ですよね。

月の満ち欠けは、地球の海の満ち引きや、人の生死にも関係していると言われます。

そんな月の形のひとつ「奇跡の満月」ブルームーンについて調べてみました。

ブルームーンってどんな月なの?

青いの?

見ると幸せになるってい言い伝えがあるけど本当?

気になるあなたは最後まで是非お読みくださいね^^

では、ブルームーンの伝説、いってみよ~~♪


スポンサーリンク

ブルームーンの伝説や言い伝え・迷信を調べてみた

ブルームーンって綺麗な響きですよね。

青い月って見てみたい!

そう思ったあなたごめんなさい。

実は、ブルームーンは青くないんです。

じゃ、ブルームーンってどんな月なの?は次の項をお読みください。

ブルームーンってどんな月のこと?

ブルームーンって、明確な定義づけはないのですが、一般的には、

ひと月に満月が2度あることをブルームーンと呼んでいます。

もしくは、月に2度ある満月の2回目のことを指します。

1回目の月のことを「ファーストムーン」と呼ぶこともあります。

実はブルームーンはおよよそ、2~3年に一度しか見れない珍しい現象なんですよ!

なので、【奇跡の満月】とも呼ばれています。

先日の1月31日にあった、スーパーブルーブラッドムーンの時は、1月の2回目の満月でさらに、月が地球に近くて大きく見えるスーパームーン、そしてさらに、皆既月食のブラッドムーンでもあった、世紀の天体ショーだったわけです。

関連記事:2018年3月31日のブルームーンの時間や方角&ピークの時間

さて、話をもどして、ひと月に2回満月が見えるブルームーンは、見ると幸せになるという言い伝え・伝説があります。

ブルームーンを見ると幸せになるのは本当か?と検索しても仕方ない事ですよね。

幸せの定義は人それぞれだし、幸せと感じるのもその人自身の感情のことなので。

で、調べてみたのですが、確実な定義となるようなものはありませんでした。

「ブルームーン」を見ると幸せになる」言い伝えは、おそらく都市伝説であると思われます。

残念。。

なので、今回はブルームーンにまつわる他の言い伝えや伝説がないか調べてみました。

■ブルームーンの明かりの下で出会った男女は恋に落ち、恋人たちは永遠に結ばれる

■ブルームーンに恋のお願いをすると叶う

■ハワイではブルーム―ンを見るとハッピーになると言われている。ただし、1回目の月も見る必要がある。

■1か月に2度、大切な人と一緒に満月を見れると幸せになる

■ブルームーンにお財布フリフリすると金運があがる。

関連記事:満月の夜にお財布ふりふりで金運アップする方法

見ると幸せになると言う伝説が多いですね~。

都市伝説、迷信、言い伝えとわかっていても、幸せになると信じて見てみると、幸せな気持ちになれそうですね!

もうひとつのブルームーン

前述で、ブルーム―ンは青く見えないと言うお話をしましたが、実は、季節や気温、空気の澄み具合によって、普段より少し青く見える時があります。

たまに、「あ、今日の月、なんとなく青っぽい」って思う時ありませんか?

その、青っぽく見える月を「ブルームーン」と呼ぶこともあります。

また、その昔の昔、火山の噴火や隕石の落下で大気中に塵が散らばって、月の光の屈折で月が青く見えたらしいのです。

その青い月のことをブルームーンと昔の人は呼んでいたみたい。

火山の噴火や、隕石の落下ってめったにない事。

そこで、”once in a blue moon”は「極めて稀なこと」「決してあり得ないこと」としたブルームーンの慣用句が使われるようになりました。

火山の噴火も隕石の落下も、自然体系が大きく崩れる現象なので、昔はブルームーンは不吉の前兆や予兆と言い伝えられていたようです。

関連記事:ブラッドムーン(皆既月食)は不吉の前触れ?地震が起きる予兆は本当?



スポンサーリンク

ブルームーン@日本、次はいつ見れる?

2~3年に一度の「奇跡の満月」ブルームーン。

2018年はなんと2度も見れちゃうんです!

2018年 1月2日と31日

2018年 3月2日と31日 ←次はここ!

2020年 10月2日と31日

2023年 8月2日と31日

2026年 5月2日と30日

2029年 1月1日と30日

2029年 3月1日と30日

こうやって並べると、本当に2~3年に一度なんですね!

天気の関係もあるので、実際に見れるのはもっと低い確率になりますよね。

まとめ

奇跡の満月ブルームーンの伝説や言い伝え、迷信について調べてみました。

  • ブルームーンとは、ひと月に満月が2回見れる現象のこと。
    もしくは、その2回目の満月のことを指す。
  • ブルームーンは2~3年に一度の珍しい現象である。
  • 見ると幸せになると言う言い伝えがある。
  • 日本で次に見れるのは、2018年3月2日と31日。
 好きな人と一緒に見ると幸せになると言われるブルームーン「奇跡の満月」。
迷信や都市伝説とわかっていても、ロマンティックですよね。

大事な人と一緒に見て、ブルームーンの月あかりの下でプロポーズ、なんてすごく素敵!

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク

【ブラッドムーン】皆既月食の赤い月は地震の前兆?不吉な言い伝えや迷信を調査
2018年満月・スーパームーンで金運もスーパーアップ!お財布フリフリのやり方や時間と効果は?
年末とお正月の月が綺麗!と思っていたらスーパームーンなのですね。 2018年1月2日は、いつもより大きいお月さまが見れましたね。 ...

スポンサーリンク