太陽の塔内部公開の予約でサーバーダウン!復旧はいつごろ?予約はできる?

太陽の塔の内部見学の一般予約が、1月19日10時からはじまりました!

わたしも楽しみに今日を待っていたのですが、開始と同時にサーバーダウンしたようです。

復旧はいつ頃か?

予約はできるのか?

心配で調べてみました。


スポンサーリンク

太陽の塔の内部公開とは?

2018年の3月19日から、太陽の塔の内部を見学することができるようになります。

太陽の塔は、1970年の大阪万博の時に、大阪万博のシンボルとして建てられ、万博終了後も大阪のシンボルとして残されました。

耐震強度に問題があるとして、内部公開は長い間されていませんでしたが、2019年3月より再公開されることになりました。

(2016年にも期間限定で公開されましたが、予約殺到で抽選になりました)今回は、先着順予約です。

関連記事;太陽の塔の内部公開始まる!予約方法と料金まとめ

太陽の塔内部公開の予約方法と料金

太陽の塔の内部見学料

一般 700円

小中学生 300円

小学生未満 無料

(自然文化園の入場料が別途必要)

大人 250円 小中学生 250円

予約方法は太陽の塔オフィシャルサイトより、ネットで予約

太陽の塔オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルサイトサーバーダウン状態

2018年1月19日より、一般の内部見学の予約が始まりました。

太陽の塔の内部見学は1日の見学者の人数制限があるため、良い日時を取りたい企業、学校関係や一般人がアクセスしたため、サーバーダウンした模様です。

団体割引もあり、太陽の塔の内部は、太古の生物や恐竜の模型もあり、小学校の遠足や社会見学でも、多く利用されそうです。

いまのところ、サーバーダウンの回復の見込みは立っていません。

予約はできるのか?

太陽の塔の内部公開は、2018年の3月19日から始まりますが、終了日は未定です。今後、常時公開の予定。

(オフィシャルサイトに確認済み)

太陽の塔の内部公開は常時公開となるため、企業や学校関係者、マスコミなどの予約が落ち着くと、予約できるようになると予測しています。

この数日は朝のスタート時は混雑するのではないでしょうか?

それが終わると落ち着き、予約はできるようになると思います。

ただ、ゴールデンウィークや、春の桜の季節は、すでに寄付金者の先行予約が12月から始まっているため、予約はいっぱいかもしれません。

サーバーにつながったら素早く予約する方法

内部公開の予約は、希望の日時をクリックして、その後に希望時間をクリックします。

1日の見学者に人数制限があり、時間も30分毎の入れ替え制です。

そのため、希望の日と、時間をあらかじめ決めておくことが重要です。

30分毎の入れ替えで、1回の人数制限が80人になります。

関連記事:太陽の塔の内部見学の混雑を避けて予約する方法

大阪人は、最初に行くか、落ち着いてから行く

私は太陽の塔おひざ元の地元大阪人です。

大阪人は、公開当初に行って自慢するか、みんなが落ち着いてから、ゆっくり行くかどちらかです。

私の予想では、10月ごろにはゆっくり見学できるようになるのではと思っています。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。