ハンドメイドの作品を売って収入を得ることを数字で考えてみる

ースポンサードリンクー


ぴよこです。

私はハンドメイド作品をネットで販売して収入を得ています。
同級生やご近所の奥さんに、
「好きなことを仕事にしてお金がもらえていいね~」とよく言われます。
また、「綺麗なものに囲まれているから、若々しいわね~」とも。
これはお世辞とわかっていますがね、ほほほほ^^;

私の場合は、好きなことを仕事にしたというより、仕事として取り組んだことが好きなことだった、という感じです。
時代の流れに乗ったことと、当時のグーグル検索でハンドメイドの○○○で1位だったという運もあり、それで食べていくことができるようになりました。
現在は検索では上位に上がることはないのですが、ヤフーショップでのレビュー数やお得意様が付いたことで、食べていけるだけの収入を得ています。

好きなことでいくら稼ぎたいのか

ハンドメイド以外でも、ピアノや歌、ダンスなどで収入を得ているのも好きなことで稼ぐに入りますが、私が経験したことをお伝えしたいので、ここでは好きなことで稼ぐ=ハンドメイドの作品販売で稼ぐにさせていただきますね。

では、あなたはそのハンドメイド作品販売で月にいくらの収入を得たいと思っていますか?

子どもの塾代ぐらいですか?
週3~4日パートに出るぐらいの金額ですか?
自分が一人で食べていけるぐらいですか?
離婚して子どもと一緒に生きていけるぐらいですか?

ースポンサーリンクー



私は、離婚して子どもと一緒に生きて行こうと考えて、ハンドメイドの仕事を始めました。

もし、あなたも同じように、離婚しても食べていけるぐらいのお金を稼ぎたいと思っているのなら、それを数字で少し考えてみませんか?

ハンドメイドで稼ぐ金額を数字にしてみる

例えば、私の売っているハンドメイド作品は、3000円~50000円の範囲の値段のものがあります。売れ筋は5000~8000円台の作品です。

5000円の作品の材料費やその他の経費が約3300円かかっています。
すると利益は1700円になります。

5000円の作品を1個売って、1700円の儲け。

で、月に20万円稼ぎたいと考えると、200,000÷1,700=約117

つまり、私は
5000円の作品を117個売れば、月に20万の収入になります。

ハンドメイドなので、117個を30日で割れば、毎日作品を3~4個作れればOKです。

売上げベースで考えると、月に585,000円売れば20万円の収入になります。

実際には振込手数料やクレジットの手数料など、細かい数字が魅かれて、もっと少ない振込金額になります。

もし、あなたのハンドメイド作品がもう少し単価の低い作品(例えば、アクセサリー1個、1500円で材料費などの経費を差し引いた利益が900円だとしたら)

20万円÷900円=約222個

つまり月に222個作って売れればいいのです。

月に222個売ることをどう感じますか?
そのぐらいなら作れそうですか?
とてつもない数字に思えますか?

作品の売値や原価はそれぞれなので、自分に当てはめて計算してみてください。

ハンドメイドの仕事とパートの仕事を掛け持ちしたらを計算する

パートで月に8万円収入があれば、残りの12万円をハンドメイドで稼げれば良いですよね。12万を利益で割ってみてください。
ただ、パートに出るということは、制作時間が減りますからその計算も必要です。

週に4日パートに出て、その日は作品は作れないとしたら、残りの週3日×4週=12日が作品を作れる時間になります。

12万円を利益900円の作品で稼ぐとすると、月133個

作品が作れるのが12日だとすると、一日に11個。

この数字はどうですか?

離婚までは考えていないけど、ちょっと稼げたらいいなぁ、って思っているあなたも、稼ぎたい金額を数字で考えてみてくださいね。

商売を始めたら、原価や売値や経費や利益率を考えることはとても大事です。(税理士さんはもっと細かい数字を見ます。)
あ、私の旦那さん税理士です。

ハンドメイド作品を売ることも、ちゃんとした商売ですから。

もし、離婚を考えているのであれば、この先どうやって生活していくのか、何をしてお金を稼ぐのかを計算してみてください。

ハンドメイドで食べていきたいと思ったら、なんとなく売るのではなく、きちんんと数字にしてみると、自分のこの先の生き方も見えてくるのではないでしょうか。

まとめ

数字を見ただけで逃げ出さないで~
ハンドメイドを売るのもちゃんとした商売である。
きちんと数字にして計算したら、月20万の収入も見えてくる。

のお話でした。

最後まで読んでくださってありがとうございます♪^^
ぴよこ

ースポンサーリンクー




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。