手作り作品販売で在宅起業した理由は子育ての悩みだった

ースポンサーリンクー


ぴよこです。
30代で手作り作品のネットショップをオープンして、現在までハンドメイド作品の売り上げでお金を稼いでいます。

今回は、なぜ私が手作り作品を販売する仕事を選んだか?について書きますね♪

専業主婦からパートに出た理由は離婚だった

もともと専業主婦だったぴよこですが、仕事をしよう!と決めたのは離婚したいと思ったことがきっかけでした。
結局、離婚したのはその10年後になるのですが。。

独身時代はグラフィックデザイナーとして、デザイン事務所で働いていました。再就職はおなじデザイン業界にしようと考えたぴよこでしたが、3人の子どもを出産、育児している間に、デザイン業界はパソコン時代に突入していました。
パソコンが家にない私は、デザイン業界などに就職できるはずもなく、不採用の連続。
(いや、パソコンもないのに、よくデザイン業界に就職しようと思ったもんだよ、いま思えば無謀な話ですねw)

デザイン業界が無理なら、とりあえずどんな職種でもいいのでパートに出て、職歴を付けようとスーパーのレジ打ちのパートを始めました。

子どもたちは、近所の実家に預けて、幼稚園の送り迎えや土日の育児は父母にお願いしていました。
土日も含めて、週4~5日働いて、月に10万円ぐらいの収入です。
この10万円を貯めて、離婚して家を出る資金にするつもりでした。
まぁ、10万稼いでもそうそう貯金はできませんでしたけどね^^;

それでも、結構頑張って働いていたと思います。
なんせ、離婚が目標でしたからね(笑

子どもが笑わなくなった

週4~5日、8時間勤務で早出と遅出の2交代制。遅出の時は家に帰るのが夜9時過ぎです。
パートの無い日は、疲れてきって、ほぼほぼ眠っていました。子どもたちは、私が家にいることが嬉しいから、かまってほしくて甘えてくるのですが、私は眠りたくて怒ってばかりでした。

パートの日は、手抜き料理とかお惣菜の晩御飯。お洗濯も掃除もままならず、できない自分にイライラしてばっかりで、ずっと不機嫌。夫との関係もうまくいってないので、家では夫婦喧嘩のオンパレードでした。
子どもたちにもイライラして怒って、泣かせる。夜、子どもの寝顔を見てごめんね。。ごめんね。。って謝る。そんな繰り返し。。

フルタイムで働いて、子育てと両立させているお母さん方は、本当にすごいと思います。今でも思います。

パートに出てる日は子どもたちは父母に預けるのですが、父母も小さい子ども3人の面倒は大変で、子どもたちにイライラをぶつけるようになったんですよね。特に真ん中の子に。真ん中の子はすごく活発で、いたずらっ子で、怒りやすかったんですね。。

そんな日々が1年半続いて、ある日、真ん中の子が言ったんですよ。

「おかあさんとおばあちゃんは、わたしのこときらい?」

その言葉で、ふっと「わたし、なんの為に働いてるんだろう。。。」って思ったんです。

離婚したいからお金貯めるって思ったけど、子どもの気持ちを置いてけぼりにしたら意味ないやん!!

子どもの傍にいよう。
家にいて「おかえり」って笑ってお迎えしよう。
そう思ってパートを辞めました。

できることを必死で探す




パートを辞めて、子育てしながらできる在宅仕事をしようと決意したぴよこ。もう一度、デザイン業界にチャレンジするべく、ちょっとだけ貯まったパートのお金でパソコンを買いました。

家で、パソコンとにらめっこしながら、自宅でできるデザインの仕事やイラストの挿絵ができるように、勉強をはじめました。
でも、デザインの勉強はハードルが高かったんです。パソコン初心者が、独学でイラストレーターとかフォトショップとか理解できるはずないんですよ。でも、この後フォトショップは使いこなせるようになるんです(笑

パソコンとにらめっこのある日、ネットでハンドメイドのヌイグルミを売っているHPを見つけたんです。

あ、これ、わたしも作れる!

と思ったら、もう走り出していました。

 自分のネットショップを2週間で作り上げる

これできる!と思ったその日に、本屋に走ってHPの作り方の本を買い、ジョーシンに行って、ホームページビルダーのソフトを買いました。
デジタルカメラは父に借りました。

次の日に、作品を作るための材料を買いに卸店に行きました。
そこから3日で作品を3種類作りました。
作品をデジカメで撮影して、フォトショップで加工する。フォトショップは切り抜きと、明度と彩度の加工だけはできるようになっていました。
ホームページビルダーで作品販売のHPを作って、写真をアップロードして、お店の名前を決めて、購入用のカートをレンタルして。

自分のハンドメイドのお店をネットにオープンしました。

長く自分のことを書いてしまいました。
オープンした後のお話は、また書きます。
読んでくださる人いるのかな。。^^;
ースポンサーリンクー



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。