カローリングのルールと遊び方と必要な道具&カーリングとの違いをチェック!

こんにちは!ぴよこです^^

今朝テレビで、カーリングのペア大会の様子をテレビが放送していました。

平昌オリンピックが終了しても、カーリング熱は上がったままですね♪

わたしも、あのゴシゴシで氷をこすってみたいと思って、カーリング体験教室を探したのですが、関西はどこも予約でいっぱいでした^^;

そんな中、見つけたのがカーリングによく似た、カローリングというニュースポーツ。

え?

カーリングじゃなくてカローリング

気になりませんか?

そこで今回は~

  • ローリングの遊び方とルール
  • カローリングに使う用具や道具
  • カーリングとカローリングの違い

を調べてみました♪

先にネタバレすると、カローリングって、老若男女、誰でもできるニュースポーツなんですよ!

自治会や子供会などでも取り入れることもできそうです。

では、カーリング似のカローリングとは~行ってみよ~♪

関連記事:カーリングで使うあのゴシゴシの名前は何?



スポンサーリンク

カローリングの遊び方とルール

カローリングってなんでしょう?百聞は一見にしかず。

YOUTUBEでカローリングの競技をされている映像を見つけたのでご紹介します。

皆さん、楽しそうですね!

カーリングに似ていますね~。

遊び方やルールはどうなんでしょうか?

そういえば、カーリングにはある、あの大事なあれがないですね^^;

■カローリングとは■

カーリングからヒントを得て、氷上ではなく室内でカーリングができるように開発されたニュースポーツなんです。

1993に名古屋市のベアリングメーカーの「中部ベアリング」社長が考案しました。

老若男女誰でも、スポーツセンター、体育館、公民館、オフィスなどのフロア(床面)を利用して楽しむことができるんですよ!

カローリングの名前は、軽やかにローリングするの意味があるそう。

■カローリングの遊び方とルール■

底面に3つの車輪が付いた「ジェットローラー」と呼ばれる、カーリングのストーンに似た円盤を、直径90センチのポイントゾーンに向けて転がします。

ジェットローラーは6色の色があり、先攻・後攻で使う色が決まっています。

カーリングのように、2チームに分かれて点数を競います。

  • 投球は、床に片膝を付き、ジェットローラーを2~3回前後させて転がします
  • 先攻・後攻はキャプテンがじゃんけんで決めます。次のターンからは、前イニングの勝者が先攻。
  • 各チームひとり2個、計6個のジェットローラをすべて投球し、1番ポイントの中心に近い方のチームが勝ちとなる。
  • 負けたチームの得点はありません(0点)。
  • 8イニング制はラッキー7、6イニング制はラッキー5にボーナス得点を適用するため、大逆転の可能性もあり。

床に膝を付けて「ジェットローラー」を押し出すので、お年寄りでも、ちいさい子供でも、年齢や体力に関係なく、取り組み易いスポーツといえます。

また

  • ジェットローラーを押し出す力加減、カーブのかけ方。
  • 相手チームのジェットローラーをどうやって押し出すか?
  • チーム全員が順番にジェットローラーを投げる。

など、スポーツ的要素も大きく、競技制も高いニュースポーツとなっています。

ジェットローラーの色と、ポイントゾーンの的の色によって得点が変わるため、ポイントの計算が少し複雑ですが、慣れてくるとそれが面白いのではないでしょうか♪




カローリングに必要な道具や用具

  • カローリングに必要な用具は、ジェットローラー6個((橙・青・緑・黄・黒・赤)。
  • ポイントゾーンとなる的。
  • カローリング用の得点用紙。色によって点数が変わるため、カラフルな得点用紙を使用します。
  • あとは、カローリングができる床のある体育館やフロア。

個人宅でもできるようですが、3×13Mの大きさのコートを取れる個人宅って?

お宅でカローリングができるようなら、カローリングセットが通販されています!

ご自宅でなくても、自治会や子ども会、老人会などで購入して、地域で大会を開いても面白そうですね。

カローリングの用具セットをみつけました!
価格(値段)とか、どんなセットかはクリックして確かめてみてください。

カローリングとカーリングの違い

一番の違いは氷の上でのするのか、床の上なのかが違いますよね。

カローリングは床の上なので、身体が安定して投球しやすいです。

また、カーリングの特徴である、ブラシでゴシゴシがカローリングにはありません^^;

ジェットローラ―の滑りが良いので、少々の凸凹は気にならないのかもしれませんね。

ジェットローラの色による得点が違う、ラッキーイニングがカローリングにはありますが、カーリングにはありません。
ですが、より中心に近いジェットローラーが得点になるなどの、点数の付け方は同じようです。

まとめ

カーリングの体験教室を探しているうちに見つけたカローリングのニュースポーツ。

名前も、競技方法も似ていますが、カローリングの方がもっと大衆的に広まりそうなスポーツだと思いました。

老若男女、みんなで競技できるのが一番良いですね。

ジェットローラには、カーブやシュート用の取り換えホイールがあったりして、凝りだすととっても面白いスポーツなようですよ。

わたしも近所にカローリング体験会があれば行ってみたいと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。